スチール刈払機修理

STIHL FS26NL

プラグキャップがモゲたと持ってきました。
イメージ 1

凄いことをやるね、これで動いたのかな?
これでは点火コイル本体が極めて危険、接点が少しでも浮くとコイルで発生した電気がコイル内部でスパーク!!
点火コイルご臨終となります。
イメージ 2
 


何故か適合するプラグキャップの在庫あり。
イメージ 3
 
 

キャブを外したら燃料ホースが切れていました。

イメージ 4
 

キャブを分解洗浄してキャブキット交換で終了と思ったら、大問題発生。
イメージ 5

メタリングレバー付近が固化した油分でベッタリ、オマケに錆発生。これは難儀だす。
イメージ 6

落とせる汚れは全部除去して、ガソリンへドブ漬け半日。
イメージ 7

簡単と見積もった修理に一日要してしまいました。
イメージ 8

使わない時期は燃料を抜いて保管』だけなんですけどね。