山師の357XP故障②


修理前の大掃除は手間ですが、掃除だけで復活することもあるので手抜き厳禁です。
イメージ 1

イメージ 2

パークリとエアで洗浄。
イメージ 3

イメージ 4


シリンダオープン、ピストンアウト。
イメージ 5

なぜか吸気側にも傷あり。
イメージ 6

シリンダにも深い傷があるのでアウトです。
イメージ 7



357XPはキャブがコンペンセーター方式になっています。
このためエアクリーナーとキャブの間にガスケットが入っており、この位置がずれると燃料の供給が少なくなってエンジン不調の原因になります。

イメージ 8

357XPのメタリングフラムにはコンペンセーターの通路があります。
イメージ 9

HDA-D24が適合ですがHDA-D11へポンチで穴を開けて流用。
イメージ 10

エアフィルター洗浄。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14